デンマーク 「アンデルセン博物館」の思ひで…

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2016年8月】


博物館の時間です.
今日はデンマークの「Odense(オーデンセ)」でお散歩です.

f:id:osanpowanko:20170502141041j:plain

 

フュン島の政治・商業の中心地オーデンセは,世界中から童話ファンが集まる観光地でもあります.オーデンセは『みにくいアヒルの子』などで知られる童話作家H.C. Andersenの産まれた町.今日はH.C. Andersens Hus(ハンス・クリスチャン・アンデルセン博物館,Hans Christian Andersen Museum)を紹介します.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain H.C. Andersens Hus

 

Bangs BoderとHans Jensens Strædeの角にある黄色い建物は,アンデルセンが生まれた家.1805年,靴職人の父と洗濯婦の母のもとに産まれました.この家はアンデルセンの両親の家ではなく親戚の家なのだとか.

 

f:id:osanpowanko:20170502141143j:plain

 

この家はデンマークが誇る童話作家H.C. Andersen(1805-1875)の博物館の一部となっています.ちなみに博物館への入口はここ(アンデルセンの生家)ではありません”

 

f:id:osanpowanko:20170502141208j:plain

 

アンデルセンの生家の周辺は石畳や背の低い家が修復・再現されており,アンデルセンが生きていた1800年代初頭の街並みとなっています.
でも博物館内部は近代的です.

 

f:id:osanpowanko:20170502141231j:plain

 

入場料は大人95 DKKですが,オーデンセパスを購入すれば無料になります.

アンデルセンは身長185cmで,当時にしてはとても長身だったそうです.分厚いまぶたと大きな鼻は良い第一印象を与えなかったと言われています.

 

f:id:osanpowanko:20170502141412j:plain

 

《ころ》「鼻の大きさは《わん》と同じくらいじゃない?」 《わん》「そんなに大きいかなぁ?」

アンデルセンは童話だけでなく詩や紀行文,伝記も記しています.さらに切り絵細工も手掛けました.

 

f:id:osanpowanko:20170502141433j:plain

 

アンデルセンは156篇の童話,14篇の小説,50近い戯曲を創り出しました.彼の童話は子供だけではなく大人にも楽しまれています.博物館には世界各国の言葉に翻訳された作品が並ぶコーナーもありました.

ドーム型のホールには,壁一面に絵が描かれています.アンデルセンの生涯を描いたものです.アンデルセンの自伝『私の生涯の物語』から8つの場面を題材にし,大きなフレスコ画が作成されました.

 

f:id:osanpowanko:20170502141500j:plain

 

アンデルセンは演劇の世界で活躍することを目指し,1819年コペンハーゲンへと上京しました.コペンハーゲンにある王立劇場付属の演劇学校で舞台や歌を学んだのだとか.アンデルセンは俳優を目指していたそうですよ‼ 子供のころにはオーデンセ劇場での公演にエキストラとして出演しています.さらに旅の費用は演技や歌,自作の詩を披露することで稼いだそうです.作成した詩は1000篇近くもあるそうです.

俳優の夢はあきらめたものの,劇作家としての活躍を目指し作品を劇場関係者に送り続けたそうです.幼いころは貧しく十分な教育を受けられなかったため,語学学校へ入学してからは,かなりつらい時期を経験したそうです.

 

アンデルセンが有名になったのは脚本作家としてではなく童話作家としてでした.デンマークやヨーロッパ各国で有名になったのは1835年に代表作『親指姫』などを発表した時.
1867年にはオーデンセの名誉市民に推薦されました.市庁舎の外壁には...

 

f:id:osanpowanko:20170502141605j:plain

 

また,オーデンセ市庁舎内部のメモリアルボードにも記念プレートが掲げられています.

博物館内の一角にはアンデルセンの生家もあります.

 

f:id:osanpowanko:20170502141624j:plain

 

当時の生活様子が再現されています.また,アンデルセンがコペンハーゲンで生活していたころの部屋も再現されており,そこにはアンデルセンの所有物が展示されています.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Børnekulturhuset Fyrtøjet

 

アンデルセン博物館の隣にあるのが「フュートイエット」という子供が楽しめる施設です.童話の世界が再現されており,おとぎ話の世界に入ったかのように楽しめるそうです.

アンデルセン博物館にいた日本人スタッフさんが教えてくれたのですが...
子供ミュージアムを一般の人が見学できるのは夏休みだけ.「先週まで開いてたんですよ」とのこと.残念です.お散歩をした時には,夏休みシーズンは終わっていました.
ちなみに2017年の夏休みシーズンは6月23日から8月25日とのこと.年によって前後するものの,だいたいこの期間が夏休みとなるそうです.

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

  


【今回の観光地】

H.C. Andersens Hus

Bangs Boder 29,5000 Odense C

営業時間:6月末から8月は毎日(10:00-17:00)開館しています.それ以外は,月曜が休館だったり16時までだったりします.

公式URL:http://museum.odense.dk/en/museums/hans-christian-andersen-museum  

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain デンマーク

 

f:id:osanpowanko:20170408160938j:plain

 

ヨーロッパ大陸の北部に位置する国で,ドイツと陸続きのユラン(ユトランド)半島,フュン島,シェラン島,スウェーデン南部を挟んで西側に位置するボーンホルム島といった主要な島に加え,450程の島からなる国です.童話作家アンデルセンが生まれた町,オーデンセはフュン島にあります.また,アイスランドの東に位置するフェロー諸島やグリーンランドはデンマーク領です.

世界中で親しまれている玩具レゴ(LEGO)はデンマーク生まれのブロック玩具です.レゴグループは2030年までに石油を使わない素材への全面切り替えを表明しています.企業だけではなく,デンマークは環境対策先進国として様々な対策を行っています.例えば風力発電が大規模に導入されており,(2015年末時点で)516基もの洋上風力発電風車が設置されています.

2000年の国民投票でユーロ参加を否決しており,独自通貨デンマーク・クローネを(DKK)使っていますが,DKKをユーロにペッグさせ,対ユーロ変動幅を一定幅に維持しているため,ユーロとの為替レートが大きく変動する事はありません.

 

国名 Kingdom of Denmark(デンマーク王国)

f:id:osanpowanko:20161217205157g:plain

人口 570万人
面積 約約4.3万平方キロメートル
言語 デンマーク語
通貨 デンマーク・クローネ(DKK)
時間 UTC+1(日本時間 -8時間,夏季は -7時間)

 

 

【参考ホームページ・参照文献】

川野祐司(2016)「ヨーロッパ経済とユーロ」文眞堂.
TROJABORGS FORLAG「デンマーク-ある王国-」(ISBN 87-89868-60-9).

外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

 

Denmark.dk:http://denmark.dk/en/quick-facts/map-of-denmark/svendborg/

VisitDenmark:http://www.visitdenmark.com/denmark/tourist-frontpage

Odense Kommune:http://english.odense.dk/

Visit Odense:http://www.visitodense.com/ln-int/odense/visitodense-0

Odense City Museums:http://museum.odense.dk/