読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リトアニア 「Lietuvos nacionalinis muziejus(リトアニア国立博物館)」の思ひで…

LT:リトアニア 博物館・美術館

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2015年8月】

 

博物館の時間です.
今日はリトアニアの「Vilnius(ヴィリニュス)」でお散歩です.

 

f:id:osanpowanko:20151001203601j:plain

 

今日は,リトアニアの歴史や民族文化に関する展示をしている「リトアニア国立博物館」をお散歩します.大聖堂の近くにある博物館です.

正面に写っている像はMindaugas(ミンダウカス)です.1253年に王位についたミンダウカス公は初代そして唯一のリトアニアの国王です.13世紀に国家としてのリトアニアを形成したのがミンダウカス公です.

 

 f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Lietuvos Nacionalinis Muziejus(リトアニア国立博物館)

 

18世紀後半にNew Arsenalと呼ばれるようになったこの建物は,製造した武器を保存する場であったそうです.横長のこの建物は,文化遺産を保存する場所となっています.リトアニアでも歴史のある博物館で,19世紀中頃(1855年)に創設されました.民族と歴史の博物館となったのは1918年のことです.

入館料2ユーロです.写真撮影は可能でした.
部屋ごとに「リトアニア大公国時代」や「帝政ロシア時代」の展示,「民族文化コレクション」の展示があります.

 

リトアニア大公国時代(13世紀から18世紀)の展示室では,リトアニア大公国時代の繁栄と後退の歴史を紹介しています.

 

f:id:osanpowanko:20151001203805j:plain

 

1401年から1430年のリトアニア大公,Vytautas(ヴィータウタス)です.

グルンヴァルトの戦い(battle of Grunwald)の模型もあります.

 

f:id:osanpowanko:20151001203943j:plain

 

グルンヴァルトの戦い(1410年)はポーランド王国・リトアニア大公国連合軍とドイツ騎士団の間の戦闘です.中世ヨーロッパにおける最大の戦いだと言われています.この模型は戦いが激しかった場面を1000以上のフィギュアで再現しているそうです.馬や大砲なども細かく作られていました.《ころ》は草原のデコボコ感が気に入ったようです.
グルンヴァルトの戦いでは,ポーランド・リトアニアが勝利し,勢力を拡大しました.これによりヨーロッパ最大の勢力範囲を持つ強国となったのです.

 

模型や貴重な品々が展示されているだけではなく,ディスプレイでの解説もあります.《わん》《ころ》は備え付けのパソコンゲームで遊びました.

 

f:id:osanpowanko:20151001204055j:plain

 

写真の奥の方に写っています.騎士の服装(装備)を正確な順番に当てはめていくゲームなのですが,間違えたら部屋中に「おぉぉ...↓」の声が響きます.何度も挑戦して,やっと完成しました.

日本のうちわも展示されていました.

 

f:id:osanpowanko:20151001204332j:plain

f:id:osanpowanko:20151001204342j:plain

 

宝箱のような形をした箱もありました.

 

民族文化コレクションの部屋には,18世紀から20世紀初頭の毛織物やテキスタイルを展示していました.民族衣装は祝祭用の衣装のようです. 

 

f:id:osanpowanko:20151001204439j:plain

 

地域ごとに分けられた展示でした.柄や模様だけではなく,頭に巻いているショールのようなものにも大きな違いが見られました.生活用品や手工芸品といった民族関係の資料や古いおもちゃの展示もありました.

民家を再現したコーナーもあります.

 

f:id:osanpowanko:20151001204629j:plain

 

家造りや家具の様子がよく分かります.野外博物館に見に行ったかのようですが,博物館ではまとまって展示されているので,見ていて疲れません”
でも...《ころ》は疲れきってしまいました.ちょっと休憩しよぉ.

 

f:id:osanpowanko:20151001204711j:plain

 

リトアニアの歴史から民族文化まで,たくさんの展示があって,見応え充分です. 

 

 f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain リトアニアのVAT

 

リトアニア国立博物館の入館料(2ユーロ)のPVMは0%でした.

 

リトアニアではVATのことをPVM(Pridėtinės vertės mokestis)といいます.基準税率は21%ですが,5%と9%の軽減税率があります.

税率9%が適用されるものは本や新聞,雑誌,輸送機関などです.2015年1月以降は,ホテル宿泊費にも9%の税率が適用されています.税率5%が適用されるものは,医薬品と障害者の補助器具です.

さらに,適用除外になるものもあり,それらはVATが0%となります.輸出品,貿易に関する輸送などは税率0%です.また,もともと税がかからない商品もあり,ヘルスケアサービス,社会福祉分野のサービスやそれに関する財,教育や文化サービス,郵便サービス,ラジオやテレビでの情報提供,宝くじなどの掛金などは0%です.

 

リトアニア国立博物館のエントランスではポストカードなどを売っていました.《わん》はヨーロッパの地図(ポスター)を買いました.レシートを見てみると,PVMは21%と表示されています.そういえば,運転するのに必要だったので購入したリトアニアの地図はPVM9%でした.同じ“地図”でも,税率が異なるのですね”

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

 


 

【今回の観光地】

Lietuvos nacionalinis muziejus

Arsenalo Str. 1, LT-01143 Vilnius 

公式URL

http://www.lnm.lt

 

【Vilniusへのアクセス】

(リトアニアでの運転)

速度制限は,街中:50km/h,郊外:90km/h,主要高速道路:110km/hです.ヘッドライトは常に点灯させる必要があります.高速道路は無料です.高速道路にはバス停が設けられていたり,Uターンレーンがあったり,側道を人が歩いていたりするので運転には注意しましょう.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain リトアニア

 

f:id:osanpowanko:20150924205331p:plain

 

バルト三国の1つでラトビア,ベラルーシ,ポーランド,ロシア(カリーニングラード)と国境を接しています.バルト海をはさんだ西側にはスウェーデンがあります. 1940年に旧ソ連邦に編入され,1990年ソ連からの独立宣言を議会で採択しました.2004年にはエストニア,ラトビアとともにEU加盟しています.リトアニアが2015年1月にユーロを導入したことで,バルト三国すべてでユーロが流通することとなりました. 公用語のリトアニア語はバルト系言語で,ラトビア語と同じグループに属します.宗教は主にカトリックで,文化面はポーランドの影響が大きいと言われています.

 

国名 Republic of Lithuania(リトアニア共和国)

f:id:osanpowanko:20150924205758g:plain

人口 291.6万人
面積 約6.5万平方キロメートル
言語 リトアニア語
通貨 ユーロ(2015年に導入)
時間 UTC+2(日本時間 -7時間,夏季は -6時間)

 

【参考ホームページ・参照文献】

二宮書店編集部(2015)『データブック オブ・ザ・ワールド 2015年版』二宮書店.

R.パクニース出版社(2006)『ヴィリニュスとトラカイ』ガイドブック(9986-830-76-1).

Saulė Dagilytė(2014)"VAT PROFILE, LITHUANIA", SORAINEN, Briefings.

 

外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html
Vilnius Tourist Information:http://www.vilnius-tourism.lt/en/