デンマーク 「ローゼンボー城」の思ひで…

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2016年9月】


博物館の時間です.
今日はデンマークの「コペンハーゲン(København)」でお散歩です.

 

f:id:osanpowanko:20170725174513j:plain

 

コペンハーゲンのCITY CENTREです(CITY CENTRE).
アマリエンボー宮殿博物館の姉妹博物館とされるローゼンボー城の博物館.ここでも王室の豪華な家具や宝飾品を見ることができます.入場料は110 DKKですが,コペンハーゲンカードが利用できます.
チケットカウンターでは各階の見どころを紹介した日本語のガイド冊子をもらえます♪

 

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain ローゼンボー城

1600年代初期にクリスチャン4世(Christian IV)が建てた城.
ローゼンボー城周辺は美しい庭園Kongens Have(King's Garden)になっています.

 

f:id:osanpowanko:20170725174651j:plain

f:id:osanpowanko:20170725174718j:plain

 

《わん》《ころ》「お城はどこ⁇」

クリスチャン4世時代にデザインされた,王様のお気に入りのガーデン.夏にはたくさんの花が咲きます♪ コペンハーゲンという都会の真ん中にある緑の空間は市民にも観光客にも人気です.

王はローゼンボー城が気に入り,それまで住んでいたクリスチャンボー宮殿よりも長く滞在するようになったそうです.
1710年にフレデリクスベア宮殿が建てられると,ローゼンボー城は王たちの貴重な品々の保管場所として使われるようになりました.博物館としてオープンしたのは1838年のこと.王冠や宝石類は地下室に保管されています.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain ローゼンボー城博物館

各部屋は豪華に装飾されていて,化粧漆喰,天井,ゴブラン織り,家具などなど見どころがたくさんあります!!
印象的な床のChristian IV's Winter Room.クリスチャン4世時代の姿が残されている部屋なのだとか.

 

f:id:osanpowanko:20170725174806j:plain

 

天井に描かれている絵にも注目です.
Christian V's Hallの壁には王と王妃の肖像画が壁に掛けられています.

 

f:id:osanpowanko:20170725174824j:plain

 

楽器を持った人たちが描かれた天井も見て下さいね”

ひとつ上の階,Frederik IV's Hallには

 

f:id:osanpowanko:20170725174844j:plain

 

見る角度によって異なる絵が見えるDouble portraitがありましたよ.写真にはその絵の下半分が写っています…1692年の作品で,フレデリック4世と彼の兄妹Sophie Hedevigが描かれているのだとか.

Christian VI's Roomのタペストリーにはアレキサンダー大王(Alexander the Great)の歴史が描かれています.

 

f:id:osanpowanko:20170725174911j:plain

 

床の模様にも注目です.この部屋の寄木細工の床はフレデリクスベア宮殿(Frederiksberg Palace)に由来するものなのだとか.1870年頃にこの城へ移されたそうです.

The Roseの見どころは1757年製の大きなキャビネット.

 

f:id:osanpowanko:20170725174933j:plain

 

4mの大きなクルミ材の戸棚は機械仕掛けのミニオーケストラが収納されているそうです.フレデリック5世(Frederik V)はクリスチャンボー宮殿で自動演奏を披露しゲストを驚かせたそうです.この贅沢なキャビネットは王の力や富を示すものでした.価格は6,560 rigsdaler(リグスダーラー,デンマークの昔の銀貨)で小さな宮殿を購入できる価値があったそうです.
《わん》「そんな仕掛けがあるだなんて全然知らなかったよぉ.どんな音がするのか聞いてみたかったなぁ”」

 

2階の大部分を占めるのがThe Knights' Hallです.漆喰の天井には国の紋章が描かれています.壁には12枚のタペストリーが掛けられています.

 

f:id:osanpowanko:20170725175007j:plain

 

デンマークとスウェーデンの戦い(Battle of Öland,1675年~79年)にちなんだタペストリーで,クリスチャン5世の勝利が描かれているようです.
戴冠式で使われた王座もあります.王の椅子は向かって左の白い方です.

 

f:id:osanpowanko:20170725175029j:plain

 

王と王妃の王座を守るのは,1670年に制作された3頭のシルバーのライオン像です.

お城の地下には武器や象牙細工が展示されています.宝物庫も♪

 

f:id:osanpowanko:20170725175047j:plain

 

写真はChristian IV's crownです.1596年,Dirich Fyringによる作品です.裏側も見れるように鏡が設置されています.
テーブルカットされた宝石やパールで彩られた王冠.重さは2895gあるそうです.頭に載せるのは…お,重そうです” 《わん》「《ころ》の頭に載るかなぁ」 《ころ》「載るというよりも,着るという感じかも」

王冠以外の宝飾類もたくさん展示されています.金,ダイヤモンド,ルビー,パール,エメラルド,サファイヤ...色とりどりな空間です.

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

  


【今回の観光地】

Rosenborg Palace

Øster Voldgade 4A,1350 København K

営業時間:

夏(6月中旬から9月中旬)は毎日9:00-17:00. それ以外は10:00-16:00(11月から4月中旬は14時まで,月曜休館). 詳細は公式ホームページでご確認ください.

公式URL:http://www.kongernessamling.dk/en/rosenborg/

 

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain デンマーク

 

f:id:osanpowanko:20170702170220p:plain

 

ヨーロッパ大陸の北部に位置する国で,ドイツと陸続きのユラン(ユトランド)半島,フュン島,シェラン島,スウェーデン南部を挟んで西側に位置するボーンホルム島といった主要な島に加え,450程の島からなる国です.童話作家アンデルセンが生まれた町,オーデンセはフュン島にあります.また,アイスランドの東に位置するフェロー諸島やグリーンランドはデンマーク領です.

世界中で親しまれている玩具レゴ(LEGO)はデンマーク生まれのブロック玩具です.レゴグループは2030年までに石油を使わない素材への全面切り替えを表明しています.企業だけではなく,デンマークは環境対策先進国として様々な対策を行っています.例えば風力発電が大規模に導入されており,(2015年末時点で)516基もの洋上風力発電風車が設置されています.

2000年の国民投票でユーロ参加を否決しており,独自通貨デンマーク・クローネを(DKK)使っていますが,DKKをユーロにペッグさせ,対ユーロ変動幅を一定幅に維持しているため,ユーロとの為替レートが大きく変動する事はありません.

 

国名 Kingdom of Denmark(デンマーク王国)

f:id:osanpowanko:20161217205157g:plain

人口 570万人
面積 約約4.3万平方キロメートル
言語 デンマーク語
通貨 デンマーク・クローネ(DKK)
時間 UTC+1(日本時間 -8時間,夏季は -7時間)

 

 

【参考ホームページ・参照文献】

川野祐司(2016)「ヨーロッパ経済とユーロ」文眞堂.
TROJABORGS FORLAG「デンマーク-ある王国-」(ISBN 87-89868-60-9).

 

外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

 

Denmark.dk:http://denmark.dk/en/quick-facts/map-of-denmark/svendborg/

VisitDenmark:http://www.visitdenmark.com/denmark/tourist-frontpage

visitcopenhagen:http://www.visitcopenhagen.com/copenhagen-tourist

The Danish Monarchy Official Website:http://kongehuset.dk/en