読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スウェーデン 「南の灯台」の思ひで…

S:スウェーデン 観光

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2016年8月】

 
観光の時間です.
今日はスウェーデンの「エーランド島(Öland)」でお散歩です.

 

f:id:osanpowanko:20160925212257j:plain

 

エーランド島南部にあるOttenbyは自然保護区になっており,スウェーデンで最大の野鳥保護区でもあります.

 

f:id:osanpowanko:20160925212343j:plain

  

バードウォッチングスポットとしても人気のようで,お散歩をした日も双眼鏡やカメラを持った人がたくさん集まっていました.
「向こうに鳥がいるね!!」

 

f:id:osanpowanko:20160925212421j:plain

 

 

f:id:osanpowanko:20160925212437j:plain

  

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Ottenbyの施設

 

Ottenbyには野鳥観察のための施設や観察舎,などが設けられています.レストランもあるので,心ゆくまで野鳥観察ができそうです.

ビジターセンターもあるのですが...

 

f:id:osanpowanko:20160925212605j:plain

  

ビジターセンター「Naturum Ottenby」は11時からでした.営業時間の詳細はnaturum Ottenbyをご参照ください.

ショップは開いていました. 

 

f:id:osanpowanko:20160925212637j:plain

 

ショップでは,双眼鏡や鳥に関する本も売っていましたよ.Ottenbyのお土産もあり,灯台の形をデザインしたピアスやネックレスがありました.

 

f:id:osanpowanko:20160925212656j:plain

  

「…この灯台,登れるらしいよ.どうする...?」と《わん》.せっかくなので,登ってみることに.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 灯台「LÅNGE JAN」

 

Ottenbyはエーランド島の南端,島の端っこということで...灯台があります.

 

f:id:osanpowanko:20160925213025j:plain

  

灯台は春から秋にかけて一般公開されています.2016年は8月8日から8月28日の10:00-18:00です.

この灯台はスウェーデンで最も高い灯台なのだとか.「スウェーデンで最も高いだなんて,すごいね♪」と《ころ》

灯台への入場料は30SEK(大人)です.ショップでチケットを購入し,時間まで待つことになりました.灯台の入り口は15分間隔で開けてもらえます(10時15分開始,17時45分が最終).
「灯台は太めの造りだし,もしかしたら,もしかしたらエレベーターがあるかもしれない」と疲れ切った《わん》は期待して待ちました.

 

時間になると鍵を開けてくれます. 

 

f:id:osanpowanko:20160925213125j:plain

 

あとは自分たちだけで.『降りてきたらドアを閉めてくださいね』と言って,お姉さんは帰ってしまいます.
灯台のてっぺんへ行く手段は,もちろん階段.

 

f:id:osanpowanko:20160925213140j:plain

  

197段とのこと.ぐるぐると休みなく上り続けるので,疲れました.


エーランド島南部の灯台の名はLÅNGE JAN.正式名はÖland södra udde(southern tip of Öland)と言うそうです.エーランド南端灯台というところでしょうか.

 

f:id:osanpowanko:20160925213212j:plain

  

灯台は1785年から役割を果たしており,昔は石炭で光を作り出していました.電動機気が導入されたのは1948年のことです.現在では無人灯台となっており,遠隔操作されています.直径12m,高さは41.6mです.灯台の名前JANはS:t Johannes chapelのJohannes(Jan)に由来します.廃墟となっていたS:t Johannes chapelから石を持ってきているからだそうです.

頑張って上った灯台からの景色はこちら. 

 

f:id:osanpowanko:20160925213242j:plain

 

島のほぼ先端にいるので,右も左も海です.(写真中央に写る)駐車場のから延びる道は,エーランド島の西岸を南北に走る136号線へと続いています.
この日は,日差しはポカポカでした.が,

 

f:id:osanpowanko:20160925213318j:plain

  

風が強い! 飛ばされてしまいそうでした.立っているのも大変なほど強い風が吹いていました.でもとってもいい景色でした♪

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

 


 

【Ottenbyへのアクセス】

カルマルからは車で1時間弱です.エーランド島に渡ってひたすら136号線を進みます.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain スウェーデン

 

f:id:osanpowanko:20160921140634j:plain

 

スカンジナビア半島の東側に位置するスウェーデン.北西部のノルウェーとの国境にはスカンジナビア山脈があります.国内には約9万もの湖沼が存在し,またストックホルム群島(Stockholms skärgård)には2万4千もの島々が点在するなど独特の地形を有しています.

国土は南北に細長く,国土の約14%は北極圏に位置し,夏至前後の1-2ヵ月は太陽が沈みません.北部の冬は7ヵ月にも及びます.一方,南部は北大西洋海流の影響を受けるため高緯度にもかかわらず比較的温和な気候です.人口の90%は南半分に居住しています.
1995年にEUへ加盟しましたが,通貨統合への参加は見合わせており,ユーロは導入していません.スウェーデンの中央銀行リクスバンク(Sveriges Riksbank)は,1668年に誕生した最古の中央銀行として知られています.

 

国名 Kingdom of Sweden(スウェーデン王国)

f:id:osanpowanko:20160914170435g:plain

人口 968万人
面積 約45万平方キロメートル
言語 スウェーデン語
通貨 スウェーデン・クローナ(SEK)
時間 UTC+1(日本時間 -8時間,夏季は -7時間)

 

 

【参考ホームページ・参照文献】

二宮書店編集部(2016)「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版」二宮書店. 

外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

新世紀シリーズ「スウェーデン」(ISBN 88-476-1805-3),Casa Editrice Bonechi.

在日スウェーデン大使館公認 観光情報サイト:http://letsgo-sweden.com/

guidebook sweden:http://www.guidebook-sweden.com/en

visitsweden:http://www.visitsweden.com/sweden/

Öland:https://www.oland.se/en