読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リトアニア 「Džiugasのチーズ」の思ひで…

LT:リトアニア おやつ

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2015年8月】

 

おやつの時間です.
今日はリトアニアの「Vilnius(ヴィリニュス)」でお散歩です.

 

f:id:osanpowanko:20151015170758j:plain

 

夜明けの門(Gates of Dawn)の観光やその近くの洋服屋さん「Dalė's store」でお買い物をしたら.《ころ》はお腹がすいてしまいました.
「何か食べよ」と食べ物屋さんを探し始めた《ころ》.見つけたのはチーズを販売するお店.このチーズ屋さんはカフェも併設しています.アイスやケーキ,菓子パンも販売しており,コーヒーなどと共に店内で食べることができます.

まだ休憩するかどうか決めていないのに,《ころ》はもう店内にいます.何を食べようか,一生懸命に選び始めていました.ということで,休憩です.

 

 f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Džiugasのチーズ

 

Džiugasはリトアニア生まれのチーズです.

 

f:id:osanpowanko:20151015171347j:plain

 

《わん》はお店の前でこんなモニュメントを見つけました.店内の天井にもお店のロゴが大きく描かれていました.

 

f:id:osanpowanko:20151015171554j:plain

 

《わん》が店内の様子を観察し,チーズのことを考えている一方,《ころ》はさっそく食べ始めていました.

 

f:id:osanpowanko:20151015171848j:plain

 

このパイの中には,ズッキーニやパプリカ,チーズが入っていてラタトゥイユみたいでした.ホカホカしていて体が暖まりました.ヴィリニュスは内陸部にあるため,9月頃でも肌寒く感じることがあります.この日も日が陰ると風が冷たく感じられました.
そしてもう一つ.チェリーパイも注文しました.チェリーパイは外国の食べ物にしては甘さ控えめで良かったと思います.

「チーズの店なんだから,チーズを食べなくちゃ!!」と《わん》.もちろん,《ころ》はチーズも食べるつもりでした.

 

 f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain チーズを食べる

 

【The cheese making process】
Džiugasのチーズは質の高い牛のミルクから作られています.国立公園に指定された農地で育てられている牛から採れたミルクが集められているそうです.集められたミルクは,熟練したチーズ職人による発酵作業を経てチーズの原型となる“カード(curd)”が作られます.そして完璧なタイミングで成形課程へと進むのです.温度管理が自動で行われる特別の部屋で貯蔵されるチーズは,熟成させている間,定期的に品質をチェクしています.
こうして出来上がるDžiugas のハードチーズは独特の香りが特徴です.その香りは熟成期間によって様々です.
over 12 months:mild(マイルド)
over 18 months:piquant(ピリ辛?)
over 24 months:delicate(繊細な)
over 36 months:gourmet(グルメ向け)
そして貴重な48ヵ月(Luxurious:贅沢な味)のチーズもあります.

熟成期間に応じて香りが異なるのはもちろんですが,食感やオススメの食べ方も変わってきます.例えば,フルーティな香りの12ヵ月のチーズはトーストサンドイッチやパスタに向いているそうです.また辛口の白ワインとよく合うそうですよ♪ 36ヵ月のチーズは香り高いカプチーノと一緒にいただくというちょっと変わった楽しみ方がおすすめのようです.


このお店では,熟成期間は12ヵ月,24ヵ月,48ヵ月のものが販売されていました.せっかくなので12ヵ月と48ヵ月を比べてみなくちゃ!!

 

f:id:osanpowanko:20151015172009j:plain

 

一口サイズになったチーズがパック詰めされています.こういったタイプのチーズはスーパーマーケットでも販売されていました.
12ヵ月の方は弾力があり,シコシコとした歯触りでした.48ヵ月の方はポロッとした感じで,深いコクがありました.食べた瞬間には感じませんが,だんだんと独特の香りが強くなって行く感じです.長期熟成チーズの中でも,このような香りを持つチーズは珍しいのだそうです.チーズやハチミツのような食べ物を販売していましたが,チーズナイフとカットボードのセットも35ユーロくらいで販売していましたよ♪

 

 f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain リトアニアを代表するDŽIUGASのチーズ

 

店内にはメルケル独首相がチーズを受け取る写真が飾ってありました.チーズを手渡しているのは,リトアニアの大統領ダリア・グリバウスカイテ(Dalia Grybauskaitė),リトアニア初の女性の国家元首です.この写真は2013年,ブリュッセルでの欧州連合理事会で撮られたものです.ドイツ連邦議会の選挙で当選したことをお祝いしてリトアニアのチーズを送ったそうです.

DŽIUGASはリトアニアを代表するチーズなのです.2015年に開催されたミラノ万博のリトアニアパビリオンでも紹介されています.また,国際的にも認められたチーズでもあり,数多くの賞を受賞しています.2015年だけでもドイツ,中国,スウェーデンなどの国々から表彰されています.さらにDžiugasのチーズはフランスの小売り大手カルフール(Carrefour)でも扱われるようになりました.2015年6月時点では189店舗でしたが,販売店を徐々に拡大していくようです.チーズの本場とも言われるフランス,そしてフランス人の評価も高いようです.

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

 


 

【今回のお店】

Cheese Džiugas House

 Aušros Vartų g. 3,Vilnius

ヴィリニュスには他に2店舗あり,またクライペダ(Klaipėda)やテルシェイ(Telšiai)にも店舗があるようです.

公式URL

http://www.dziugashouse.lt/

 

【Vilniusへのアクセス】

(リトアニアでの運転)

速度制限は,街中:50km/h,郊外:90km/h,主要高速道路:110km/hです.ヘッドライトは常に点灯させる必要があります.高速道路は無料です.高速道路にはバス停が設けられていたり,Uターンレーンがあったり,側道を人が歩いていたりするので運転には注意しましょう.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain リトアニア

 

f:id:osanpowanko:20150924205331p:plain

 

バルト三国の1つでラトビア,ベラルーシ,ポーランド,ロシア(カリーニングラード)と国境を接しています.バルト海をはさんだ西側にはスウェーデンがあります. 1940年に旧ソ連邦に編入され,1990年ソ連からの独立宣言を議会で採択しました.2004年にはエストニア,ラトビアとともにEU加盟しています.リトアニアが2015年1月にユーロを導入したことで,バルト三国すべてでユーロが流通することとなりました. 公用語のリトアニア語はバルト系言語で,ラトビア語と同じグループに属します.宗教は主にカトリックで,文化面はポーランドの影響が大きいと言われています.

 

国名 Republic of Lithuania(リトアニア共和国)

f:id:osanpowanko:20150924205758g:plain

人口 291.6万人
面積 約6.5万平方キロメートル
言語 リトアニア語
通貨 ユーロ(2015年に導入)
時間 UTC+2(日本時間 -7時間,夏季は -6時間)

 

【参考ホームページ・参照文献】

二宮書店編集部(2015)『データブック オブ・ザ・ワールド 2015年版』二宮書店.

R.パクニース出版社(2006)『ヴィリニュスとトラカイ』ガイドブック(9986-830-76-1).

 

外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html
Vilnius Tourist Information:http://www.vilnius-tourism.lt/en/