読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エストニア 「エストニアの滝巡り」の思ひで…

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2015年9月】

 
観光の時間です.
今日はエストニアの「ヴァラステの滝(valaste juga)」と「ヤガラの滝(Jägala juga)」でお散歩です.

 

f:id:osanpowanko:20160802203850j:plain

 

この写真はエストニアの地図を撮ったものです.右側の方にオレンジ色の25番が見えるでしょうか? 滝(River waterfalls)を表すのマークです.全ての地図に表示されているわけではありませんが,観光スポットとなるビーチや港,滝,崖などを記した地図もあります.
「Symbol help」の一覧です.
http://www.celotajs.lv/en/help/symbols#A_O-ETN-WATERFALL

 

ちなみに写真の『滝25』はヤガラの滝の場所を示しています.今日はエストニアにある最も○○な滝,2ヵ所をお散歩します.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain エストニアで最も落差の大きい滝

 

Ontika Limestoneの崖の上から流れ落ちるとヴァラステの滝
(valaste juga/Valaste Waterfall)は約30mもの高さがありエストニアで最も高い滝と紹介されていました.

【場所】
エストニア北東部,イダ・ヴィル県(Ida-Viru County)のKohtla Districtにあります.

住所はOntika küla, Kohtla vald, Ida-Viru maakond

 

f:id:osanpowanko:20160802204124j:plain

f:id:osanpowanko:20160802204131j:plain

 

タリンとナルヴァと結ぶE20という道を進みます.E20から137号線から続く133号線へ入ります.Ontikaという町の方を目指すと「Valaste juga」(ヴァラステの滝)の茶色の看板が出てきます.

滝の近くには,駐車場とカフェがありました.

 

f:id:osanpowanko:20160802204209j:plain

 

でも,《わん》《ころ》以外,誰も来ていません.
《ころ》「人気がない観光地なんだねぇ」

ヴァラステの滝は170年くらい前からあるそうです.1840年,ドイツの地方新聞によると「世界的に見ても素晴らしい滝」と評価した記録も残っているのだとか.
1998年8月に計測されたときは30mの高さがあったそうです.豊富な雨が岩を取り除き,さらに砂岩質の柔らかい底の部分を3m近くも削り取ったようです.従って,年を重ねるたびに計測結果は変化し,滝の高さは高くなりました.今のところ33.8mという高さが記録されています.


とりあえず車を止め歩きます.

 

f:id:osanpowanko:20160802204624j:plain

 

滝への看板を見つけました.草むらの中を歩くと,階段がありました. 

 

f:id:osanpowanko:20160802204748j:plain

f:id:osanpowanko:20160802204757j:plain

 

《わん》「あれ⁉ 行き止まりだ」
崖を降りるためのらせん階段や観測台は崩れ落ちており,閉鎖されていました.再開の予定はないそうです.
踊り場まではいくことができ,そこから滝全体を見ることができます. 

 

f:id:osanpowanko:20160802204827j:plain

 

《わん》「ここだよ.きっと.」
辺りを見渡すと,滝が流れていそうな崖がありました.
《ころ》「滝は!?」
《わん》「ちょうど,あのあたりに流れていたんだろうね...」
よく見るとインフォメーションボードの写真と同じ.ただ,水が流れていないだけです.  

 

f:id:osanpowanko:20160802205004j:plain

 

夏と乾燥期間は崖の各層からにじみ出る程度の地下水くらいしか見ることができないのだそうです.

見えるのは石灰岩質の崖のみです.


【Ontika Limestone cliff】
エストニアのOntikaにある「オンティカの崖Ontika cliff」は同国内で最も高い崖のだそうです.エストニア国内で最も高いというだけではなく,バルト海沿岸に1100㎞にわたってみられる石灰質の崖のうち最も高いのだとか.
崖はヴァラステの滝近くにある観測台から良く見えると紹介されていました.《わん》と《ころ》が見ていたのは55m近くある最も高いOntika cliffではありませんが,同じ質の崖です.年代ごとに積み重ねられた‟層”が綺麗に見えます.


ヴァラステの滝が最も美しくなるのは冬.
木々や滝は凍り付いてしまいます.海からの北風の力もあり,水しぶきが作り出す氷の世界は本当に美しいのだとか...噴霧凍結(spray freezing)した幻想的な景色を楽しむことができるようです.
水量が多くなる春からは自然の驚異を感じることができるそうです.
暑く,乾燥した夏にお散歩をしてしまいました. 

(2016年12月2日)
冬になりました.今年(2016年)の冬もヴァラステの滝は美しい姿を見せているようです.滝の水しぶきまで凍りつき周辺は美しい氷の世界になっているとNHK BS1「キャッチ!世界のトップニュース」で紹介されていました.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain エストニアで最も大きい滝

 

ヤガラ川(Jägala jõgi)の崖の端から流れ落ちる水はエストニアで最大規模を誇る滝と紹介されていました.最大とは‟幅”のことのようです.

【場所】
住所はKoogi küla, Jõelähtme vald, Harju maakond
E20(1号線)から260号線に入ります.タリンから車で40分くらいです.

 

f:id:osanpowanko:20160802205216j:plain

 

ヤガラの滝の近くまで来ると「Jägala juga」という茶色の看板がありました.駐車場もあり車4台くらいが止まっています.バイクも来ています.

《ころ》「今回の滝は夏でも観光客が来るような場所なんだね”」

ヤガラの滝(Jägala juga/Jägala Waterfall)は高さ8m,幅は50mです.

 

ヤガラの滝の駐車場にはカフェはありませんでした.車を止めて歩き出すと...

 

f:id:osanpowanko:20160802205348j:plain

 

あ‼! 水の音が聞こえる.今度こそ,滝が見られるかも.

あった♪ 対岸にも観光客が来ています.

 

f:id:osanpowanko:20160802205512j:plain

 

でも,川の水は少なめです.50mの滝幅というのは,水量が最大の時の記録なのでしょう.

《わん》「エストニアで最大規模って言うから...アイスランドで見たような滝を想像してたよ...」(欧州徒然草「デティフォスの滝」をご参照ください.)

こちらの滝も冬に特別な景色を作り出すのだとか.
ヤガラの滝も寒い冬には凍り付いてしまい,キラキラと輝く氷の壁やつららを見ることができるそうです.


タリンから30㎞ほど離れたヤガラの滝へはタクシーを利用してきても良いとのことです.タクシードライバーと相談し,片道25ユーロ程度で来れるだろうと紹介しているサイトもありました. 

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

 


 

 (エストニアでの運転)

速度制限 市街地:50km/h,郊外:90km/h(夏期は110km/hとなる場所もあります)です.ヘッドライトは常に点灯させる必要があります.高速道路は無料です.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain エストニア

 

f:id:osanpowanko:20160802205714p:plain

 

バルト三国の最も北に位置する国で,ラトビア,ロシアとは陸続きで国境を接しています.バルト海を挟んで北側にはフィンランドがあり,ヘルシンキとタリンの間ではフェリーも運行されています.言語や文化はフィンランドなどの北欧とよく似ていると言われており,バルト三国でエストニアだけが異なる言語グループに属しています.
2011年にバルト三国で最初にユーロを導入しました.EUへは2004年に加盟しています.
IT立国化が推進されているエストニアでは国政選挙もネット上で行うことができ,ITを通じた効率化が進められています.マイナンバーのICカードも普及しており,行政や納税の時だけでなく銀行のオンラインログインなどにも利用されています.インターネット電話サービスのSkype(スカイプ)がエストニアで開発されたことも有名です.ITイノベーション産業の誘致・育成が積極的に行われており,日本との間ではIT・サイバー分野での協力が行われています.

 

国名 Republic of Estonia(エストニア共和国)

f:id:osanpowanko:20160722205635g:plain

人口 131万人
面積 約4.5万平方キロメートル
言語 エストニア語
通貨 ユーロ(2011年に導入)
時間 UTC+2(日本時間 -7時間,夏季は -6時間)

 

【参考ホームページ・参照文献】

二宮書店編集部(2016)「データブック オブ・ザ・ワールド 2016年版」二宮書店. 

外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

エストニア:エストニアの古き町並みと田園,ISBN 978-9985-9969-04.