読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デンマーク 「オーデンセ市立博物館」の思ひで…

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2016年8月】


博物館の時間です.
今日はデンマークの「Odense(オーデンセ)」でお散歩です.

f:id:osanpowanko:20170507154801j:plain

 

フュン島中部に位置するオーデンセ(Odense)は,デンマーク第三の都市です.
今日はオーデンセとフュン島の歴史と文化を紹介する市立博物館,ミュンターゴーン:Odense City Museum(Møntergården)をお散歩します.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Møntergården

 

入館料は50 DKKですが,,オーデンセパスで無料になります.
博物館Møntergårdenは展示が,3つの建物に分散しています.16世紀から残る建物が使われている部分もあります.

 

f:id:osanpowanko:20170507154913j:plain

 

チケットはリンゴの絵の描いてある建物で購入します.

 

f:id:osanpowanko:20170507154930j:plain

 

《わん》「おおきいねぇ」 《ころ》「食べきれないねぇ」 館内には,実際に大きなリンゴがあります.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Funen - at the centre of the universe

チケットオフィスのある建物は2013年にリニューアルオープンしたようです.
“Fyn – midt i verden”(Funen - Centre of the Universe)というテーマでの展示が行われています.
フュン島で発掘された先史時代やヴァイキング時代の石器や土器,装身具も展示されています.この場所で発見された中世のコインもありました.発掘調査の際にこの建物の下に位置する場所から出てきたそうです.

 

f:id:osanpowanko:20170507155023j:plain

 

展示方法は映像を使っていたり,展示物を吊るしていたりなど,見ていて飽きない工夫がなされています.フィギュアが並んでいたり,ゲームができたりするコーナーもあります.

 

f:id:osanpowanko:20170507155045j:plain

f:id:osanpowanko:20170507155050j:plain

 

フュン島生まれの作曲家カールニールセン(Carl August Nielsen)にちなんだ「POLKA HERO」というゲームです.


10,000年前のフュン島の住人に関するものだけではなく,現代のフュン島の人々の暮らしも展示しています.
1850年頃の人は燻製肉や豆,ライ麦パンを食べていました.多くの人は重労働に従事していたため脂肪分の多い食事をとっていたそうです.女性が家で働くことが多かった時代は,毎日新鮮なミルクや野菜肉を購入していましたが,1960年代ごろからは冷蔵庫が大きくなり買いだめもできるようになりました.

 

f:id:osanpowanko:20170507155125j:plain

 

現在,食品の多くはフュン島で生産されたものではなくなっていますが,ローカルプロデュース(地場野菜)への関心が高まっています.

フュン島伝統のお菓子『brunsviger』も展示されています.ブラウンシュガーがかかっているパンのような食べ物です.

 

f:id:osanpowanko:20170507155158j:plain

 

このお菓子は,フュン島に起源があるわけではないそうですが...島の人が大好きな食べ物です.
オーデンセで宿泊したホテルの朝食に似たような食べ物がありました.

 

f:id:osanpowanko:20170507155217j:plain

 

甘いパンです.ブラウンシュガーが付いている部分は歯にくっつく感じです.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Pernille Lykke’s Dwellings

 

“Pernille Lykkes Boder”(Pernille Lykke’s Dwellings)という展示です.

 

f:id:osanpowanko:20170507155316j:plain

 

昔の写真を参考にインテリアされたアパートです.1935年から45年ごろの部屋が再現されているようです.
この建物の見学はすぐに終わります. 

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Life of the City

 

3つ目の展示館のテーマは“Byens Liv – Odense i Middelalder og renæssance”(Life of the City - Odense in the Middle Ages and the Renaissance).中世やルネッサンス期,オーデンセの黄金期と言われる時代を扱う展示が行われています.

 

f:id:osanpowanko:20170507155413j:plain

 

建物は伝統的ですが,館内の展示はモダンな感じです.10世紀後半から1660年ごろの展示で,たくさんの人が集まる都市だったオーデンセが豊かになっていった時代でもありました.

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

  


【今回の観光地】

Møntergården

Møntergården Overgade 48, 5000 Odense C

営業時間:火曜から日曜の10:00-16:00.

公式URL:http://museum.odense.dk/en/museums/moentergaarden

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain デンマーク

 

f:id:osanpowanko:20170408160938j:plain

 

ヨーロッパ大陸の北部に位置する国で,ドイツと陸続きのユラン(ユトランド)半島,フュン島,シェラン島,スウェーデン南部を挟んで西側に位置するボーンホルム島といった主要な島に加え,450程の島からなる国です.童話作家アンデルセンが生まれた町,オーデンセはフュン島にあります.また,アイスランドの東に位置するフェロー諸島やグリーンランドはデンマーク領です.

世界中で親しまれている玩具レゴ(LEGO)はデンマーク生まれのブロック玩具です.レゴグループは2030年までに石油を使わない素材への全面切り替えを表明しています.企業だけではなく,デンマークは環境対策先進国として様々な対策を行っています.例えば風力発電が大規模に導入されており,(2015年末時点で)516基もの洋上風力発電風車が設置されています.

2000年の国民投票でユーロ参加を否決しており,独自通貨デンマーク・クローネを(DKK)使っていますが,DKKをユーロにペッグさせ,対ユーロ変動幅を一定幅に維持しているため,ユーロとの為替レートが大きく変動する事はありません.

 

国名 Kingdom of Denmark(デンマーク王国)

f:id:osanpowanko:20161217205157g:plain

人口 570万人
面積 約約4.3万平方キロメートル
言語 デンマーク語
通貨 デンマーク・クローネ(DKK)
時間 UTC+1(日本時間 -8時間,夏季は -7時間)

 

 

【参考ホームページ・参照文献】

川野祐司(2016)「ヨーロッパ経済とユーロ」文眞堂.
TROJABORGS FORLAG「デンマーク-ある王国-」(ISBN 87-89868-60-9).

外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

 

Denmark.dk:http://denmark.dk/en/quick-facts/map-of-denmark/svendborg/

VisitDenmark:http://www.visitdenmark.com/denmark/tourist-frontpage

Odense Kommune:http://english.odense.dk/

Visit Odense:http://www.visitodense.com/ln-int/odense/visitodense-0

Odense City Museums:http://museum.odense.dk/