デンマーク 「リーベの町」の思ひで…

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2016年8月】


観光の時間です.
今日はデンマークの「Ribe(リーベ)」でお散歩です.

 

f:id:osanpowanko:20161222171330p:plain

 

ユラン半島(ユトランド)の西側に位置するリーベは北ヨーロッパ最古の歴史を持つ町のひとつ.町は710年に創設されたと考えられており,854年の記録も残るデンマーク最古の町です.リーベは貿易や商業において重要な地として栄えました.


カテドラルやヴァイキングミュージアム,レストラン,カフェ,ショッピングストリートが町の中心部に集まっています.主要観光スポットは1㎞圏内に集まっているため歩いて観光できます.小さくてかわいい町です.
2014年にはイギリスのオンラインブログ「Global Grasshopper」の人気投票でmost beautiful small town in Europeに選ばれています. 

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain リーベの町歩き

 

デンマークの中世時代の様子が良く保存されている町並みは,お散歩にも向いています(Old Town Walk).半木造の家が100件近く残っており,石畳の続く道は人気の散歩道となっています.
1530年ごろの建物も残っているのだとか.

 

f:id:osanpowanko:20161222171553j:plain

  

この写真の左端に写っている建物はWeis Stue(ヴァイス・ステュー)住所はTorvet 2です.太田邦夫(2015)『木のヨーロッパ 建築とまち歩きの事典』によると,この建物は「16世紀以降の黒い軸組に赤い煉瓦壁を配した木造建築の技法をよく伝えている」とのこと.町中にはこういった雰囲気の建物がたくさんありました.

 

f:id:osanpowanko:20161222171719j:plain

  

これは20時前に撮影したもので,店が並ぶ通りの写真です.雨が降っていましたが,夏は日が長いので,店が閉まり買い物客が少なくなってからの様子をゆっくり撮影できます.

【Hotel Dagmar and Porsborg】

 

f:id:osanpowanko:20161222171750p:plain

 

写真正面に写っているのがホテルダグマ(Hotel Dagmar),右側に写っているのが,ツーリストインフォメーションのある建物Porsborgです.

デンマークで最も歴史のあるホテル.この建物は1581年に建てられたのだとか.宿屋として使われるようになったのは1800年ごろからです.1912年に大改装が施され,Hotel Dagmarとしての営業が始まりました.
ホテルダグマはカテドラルの目の前,インフォメーションの隣と観光の中心地にあるので便利な場所です.が,人が集まったりイベントがあったりすると,ちょっと音が気になります.カテドラルの前で21時半ごろまでバンド演奏があったりします...リーベの町に残る歴史的な建物に泊まれるなんて素敵ですね.でもリフォームは行われていますが,積み重ねてきた歴史のため(!?)全体的に傾いています.
1590年に建てられたPorsborgは現在Ribe Tourist Officeとなっています.

【船着き場】
リーベの船着き場です.

f:id:osanpowanko:20161222171844j:plain

  

Skibbroenという場所には高潮の柱(Stormflodssøjlen)があります.写真には写っていませんが...木製の柱に付けられた金属の輪は高潮や洪水にみまわれた際の水位を表しているそうです.最も高い部分が1634年に記録した6.10mです.

船着き場の近くの広場ではクラシックカーが集まっていました.

 

【Old-timers】 

f:id:osanpowanko:20161222171925j:plain

  

4月から9月の火曜日の夜,クラシックカーがこの場所(Hovedengen,outside Danhostel Ribe)に集まります.会場まで運転してくる人が多いようで,町中を珍しい車が走っていました♪ オーナーたちは自慢の愛車について説明してくれますし,ヴィンテージカーに座らせてくれる人もいるようです.《わん》はメッサーシュミットがお気に入りです.

 

【Ribe St.】
リーベの鉄道駅はカテドラルのある町の中心から歩いて10分ほど.

 

f:id:osanpowanko:20161222172003j:plain

  

駅の目の前にはヴァイキング博物館(Museet Ribes Vikinger)があります.


リーべの町はガイド付きでリーベの町をお散歩することもできます.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Night Watchman

 

14世紀頃まで夜間の街の安全を守っていたNight Watchman.

 

f:id:osanpowanko:20161222172221j:plain

  

街灯を確認し,火事や洪水が起きたときはサイレンを鳴らし,危険を知らせていました.夜間における9時間の労働は大変つらい仕事でしたが,給料は低く昼間の仕事を掛け持ちしていた人もいたのだとか.

暗闇の中で人々が安心して暮らせるように町を見まわっていただけではなく,Night Watchmanは歌を唄うことで時を知らせる役割も担っていました.当時,時計を持っている人は少なかったので,時を告げる歌は重宝されていました.また彼らの歌声は市民に安心感を与えていたのだとか.

本物のNight Watchmanは1902年まで存在していたそうです.

Night Watchmanの伝統は観光客を惹きつけるイベントとなり生き続けており,リーベの町中巡回に参加できます.趣のある石畳を進みながら,リーベの歴史をお話ししてくれるのです.魔女の言い伝えや王様と妃の話,町を襲った洪水など盛りだくさんです.

 

f:id:osanpowanko:20161222172312j:plain

  

黒い服のおじさん…分かりますか!?
Night Watchmanが持っているトゲトゲのついた杖はTHE MORNING STAR.狭く曲がりくねった真っ暗な道を行くには,強盗との遭遇に備えこんな道具が必要だったそうです.てっぺんに鋭いスパイクのついた中世の武器は安全になった今でもNight Watchmanのトレードマークとなっています.

6月から8月は20時と22時のツアーがあります.夏以外(における2月中旬から10月末)は20時のみです.5月から10月は毎日行われているとの情報もあります.詳しくはhttp://www.danhostel-ribe.dk/en/ribes-night-watchman).
45分程度のツアーは参加無料.英語とドイツ語での解説です.スタート地点はカテドラルのある広場のレストランWeis Stue前.今日もたくさんの人が参加しています.チケットなどはなく,参加したい人は集合場所に行くだけで大丈夫です.お散歩わんこが見たときは,(20時からでしたが)少し早めに始まっていました!

   

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain ワッデンパス(VADEHAVSPAS)

 

ガイドブックなどで紹介されているリーベパスは2016年からワッデンパス(Wadden Sea Pass)という名前になりました.この冊子を持っていればワッデン海エリアの博物館やレストランで割引やサービスを受けることができます.2016年版では,21の施設と15のレストランが対象になっています.
《わん》と《ころ》が冊子を入手したのは宿泊したホテル「Dagmar」です.他にもRibe Campingなどでもらうことができるようです.リーベのツーリストインフォメーションでもらえるかどうかは確認できませんでした.

ワッデンパスの“ワッデン”とは,ユネスコ世界遺産に登録されているワッデン海(Wadden Sea)のことです.

【Wadden Sea National Park】
ワッデン海はデンマーク西部に広がる干潟.全長約500kmにわたる湿原はデンマークだけではなくドイツやオランダの方まで広がっています.湿地における動物や鳥類,自然が豊かなことからラムサール条約にも登録されています.世界遺産に登録されたのは2009年のことです(デンマークの保護区が対象になったのは2014年).
リーベはワッデン海国立公園の地区に指定されているMandøなどへの観光の拠点にもなっています.

 

リーベにはワッデンパス以外にも『RIBE MUSEUMSPAS』というのがありました(2016年夏).180 DKKで購入すればリーベ市内にあるミュージアム4ヵ所とカテドラルのタワーに入場できるようです.

   

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Ribe Domkirke(The Church of Our Lady)

 

住所:Torvet 6760 Ribe
営業時間:
5月から9月は10:00-17:00
それ以外は11:00-15:00くらいまでです.特別の行事があるときは見学できません.詳細はホームページなどで確認してください.
URL:http://www.visitribe.com/ln-int/south-jutland/churches/ribe-cathedral


町のシンボルでもあるリーベカテドラル.デンマーク王Erik Emune(1137年没)やChristoffer I(1259年没)が埋葬されている場としても知られています.

 

f:id:osanpowanko:20161222172758j:plain

 

平らな土地なので離れている場所からでも見えます.そもそもカテドラルは町の高台に建てられたのですが,800年以上の時が経ち沼地質に建てられた大聖堂は何メートルも沈み込んでしまったそうです.カテドラルの入り口は下りの階段になっていました.

1150年から1175年に始まり,1250年頃に完成したと考えられています.デンマークで最も古いカテドラルのひとつです.当初,2つの塔があったそうですが1283年にひとつは崩れてしまったのだとか.レンガづくりのタワーは1333年に完成したものです.塔が作られた14世紀頃は町の“物見やぐら”としての役割があったそうです.

…そう,52mの塔に上ることができるのです.
教会内の見学は無料ですが,塔に上るには20 DKK必要です.ワッデンパスの提示で16 DKKとなりました.
受付のおじさんにワッデンパスを見せたところ「???」という顔をして「ちょっと電話で確認してきます.」と,どこかに行ってしまいました.ワッデンパスは2016年から使用が始まったもの.受付のおじさんは初めて見たと言っていました.

 

塔への途中に小さなミュージアムがあります.ミュージアムではカテドラルの歴史やカテドラルの建設に使われていた素材などが紹介されています.
階段を上った1st floorから見るカテドラルの内装にも注目です.

 

f:id:osanpowanko:20161222172925j:plain

  

カテドラルの祭壇の後ろを飾るのはCOBRA-artistとして有名なCarl Henning Pedersenのモザイク画とステンドグラス,絵画です.1982年から1987年にカテドラルに加えられました. 

 

f:id:osanpowanko:20161222172955j:plain

  

この装飾は,無料で見学できるカテドラル内からも見ることができますよ.
ミュージアムは43段目くらいにありますが先はまだまだ長い...246段くらいあります.

塔の展望スペースからは,赤茶色の屋根が並ぶリーベの美しい街並みを眺めることができます.晴れている日には30㎞くらい遠くまで見渡せるそうです.ワッデン海国立公園の一部として知られる島々,Rømø島やMandø島,Fanø島も見えるらしいのですが...

 

f:id:osanpowanko:20161222173024j:plain

  

《わん》「島見える?」 《ころ》「雲しか見えないよぉ」

左のほうに写っている堀のある丘(Riberhus Castle)は中世の城跡です.かつてデンマークの王様の城が築かれていた場所には堀だけが残っています.Danish King Valdemar IIと結婚したQueen Dagmarの像もあるそうです.彼女と王のために書かれたバラードがカテドラルのカリヨンから流れるそうです(毎日12時と15時).

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

  


 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain デンマーク

 

f:id:osanpowanko:20161222173252j:plain

 

ヨーロッパ大陸の北部に位置する国で,ドイツと陸続きのユラン(ユトランド)半島,フュン島,シェラン島,スウェーデン南部を挟んで西側に位置するボーンホルム島といった主要な島に加え,450程の島からなる国です.童話作家アンデルセンが生まれた町,オーデンセはフュン島にあります.また,アイスランドの東に位置するフェロー諸島やグリーンランドはデンマーク領です.

世界中で親しまれている玩具レゴ(LEGO)はデンマーク生まれのブロック玩具です.レゴグループは2030年までに石油を使わない素材への全面切り替えを表明しています.企業だけではなく,デンマークは環境対策先進国として様々な対策を行っています.例えば風力発電が大規模に導入されており,(2015年末時点で)516基もの洋上風力発電風車が設置されています.

2000年の国民投票でユーロ参加を否決しており,独自通貨デンマーク・クローネを(DKK)使っていますが,DKKをユーロにペッグさせ,対ユーロ変動幅を一定幅に維持しているため,ユーロとの為替レートが大きく変動する事はありません.

 

国名 Kingdom of Denmark(デンマーク王国)

f:id:osanpowanko:20161217205157g:plain

人口 570万人
面積 約約4.3万平方キロメートル
言語 デンマーク語
通貨 デンマーク・クローネ(DKK)
時間 UTC+1(日本時間 -8時間,夏季は -7時間)

 

 

【参考ホームページ・参照文献】

川野祐司(2016)「ヨーロッパ経済とユーロ」文眞堂.
TROJABORGS FORLAG「デンマーク-ある王国-」(ISBN 87-89868-60-9).
Karsten Eskildsen「RIBE The city experience」(ISBN 978-87-9920391-8),KulturID.dk. 

外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

 

Denmark.dk:http://denmark.dk/en/quick-facts/map-of-denmark/svendborg/

VisitDenmark:http://www.visitdenmark.com/denmark/tourist-frontpage

Ribe Info(DANHOSTEL RIBE):http://www.danhostel-ribe.dk/en/ribe-info