読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デンマーク 「リンホルム遺跡」の思ひで…

DK:デンマーク 博物館・美術館

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2016年8月】


博物館の時間です.
今日はデンマークの「Aalborg(オールボー)」でお散歩です.

 

f:id:osanpowanko:20170317155046j:plain

 

今日はオールボー郊外のお散歩です.
北欧最大規模のヴァイキング遺跡といわれるLindholm Høje(リンホルム遺跡)へ行ってみます.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Lindholm Høje

 

ヴァイキングの墓地遺跡,リンホルム遺跡はオールボーの町中からちょっと離れたところにあります.スカンジナヴィア半島で最も大規模といわれるヴァイキングのお墓です.

 

f:id:osanpowanko:20170317155138j:plain

   

この場所で682の墓と150の石船が見つかっています.紀元400年から1000年ごろの墓ですが,漂砂によって移動した土砂が覆っていたため,状態よく残っているのだとか.漂砂の層は約4mもあったそうです.

1952年から1958年にかけて調査が行われたそうです.調査の後,草地に戻されたため...

 

f:id:osanpowanko:20170317155416j:plain

   

羊たちがのんびりと過ごせる場所になっています.遺跡のことなどお構いなしに草を食べ続けています.見学は自由で石のお墓へ近づくこともできますが,羊のフンには注意しましょう!! 大量にあります…

性別によって墓の形に違いがみられるようで,舟型や三角形に配列された石には男性が葬られており,女性の墓は楕円形や丸形に石が置かれているそうです.
ヴァイキング船の形(stone ships)に配列されているのもあるのだとか.

 

f:id:osanpowanko:20170317155455j:plain

   

住居跡や堀,井戸の跡も発掘されているそうです.青銅やグラスの小さな塊や骨のかけらも出土しているのだとか.ここでの調査による発見が展示されているのが隣にあるミュージアムです.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain Lindholm Høje Museet

 

博物館ではリムフィヨルド周辺で生活していたヴァイキングの様子を知ることができます.

 

f:id:osanpowanko:20170317155543j:plain

   

鉄器時代初期とヴァイキング時代に関する展示です.
ユラン半島を東西に横切る海峡,リムフィヨルドはヴァイキング船(長艇)の主要路でもありました.

 

f:id:osanpowanko:20170317155724j:plain

   

リムフィヨルド沿いに町が形成され,物の取引が行われていたようです.
模型や映像,イラストでの紹介もあります.《ころ》「昔も結構にぎわっていたんだね」 《わん》「ヴァイキングは戦争ばかりしていると思われているけど,交易をしたり,農業を営んだり,いろいろな活動をしていたんだよ」 《ころ》「《わん》はヴァイキングに詳しいんだねぇ」 《わん》「う,うん」 《わん》は《りん》からもらった説明のメールを慌てて消去しました…

 

f:id:osanpowanko:20170317155740j:plain

   

展示の主なテーマは当時の人々の生活です.家畜,畑を耕していたか,家はどんなのだったか,料理はどうだったか,何を食べ飲んでいたのかなどが紹介されています.漂砂という危険があったものの,砂の地質は農業に適していたそうです.埋葬に関する展示もあります.

 

f:id:osanpowanko:20170317155841j:plain

   

《わん》「石が丸い形に配列されているね”」
実際の遺跡の隣にあることで,博物館の展示物に一層の興味を持つことができます.


発掘調査の様子を写したパネルも展示されていました.

 

f:id:osanpowanko:20170317160000j:plain

   

週末にはヴァイキングの生活様式を感じられるイベントがあるようですよ.


【リンホルム博物館】
入館料は大人75 DKKでした.
リンホルム遺跡(Lindholm Høje Museet)の博物館で入館料を支払うときに,おばちゃんが「これがお得だから」と『Nordjyllands Historiske Museum Summer season ticket』というチケットを勧めてくれました.このチケットでオールボーの歴史博物館に入場しました.(「オールボー歴史博物館」参照)

博物館に入らなくても丘の遺跡を見学できます.《ころ》「ヴァイキング時代の遺跡を見るだけなら無料だったのかぁ」
《わん》たちの後から来た四人家族.ミュージアムの(入場料金が書かれた)看板の前で相談していました.ミュージアム内で会うことはなかったので,遺跡だけを見て帰っていったようです(博物館への入館料,75 DKKはちょっと高いなぁと感じました).ぜひシーズンチケットをもらって他の博物館にも行きましょ~.

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

  


【今回の観光地】

Lindholm Høje

Vendilavej 11,9400 Nørresundby

営業時間:4月から10月は火曜から日曜の10:00-17:00.11月から3月は火曜から日曜の10:00-16:00(12月末から1月2日くらいまで休館).

公式URL:http://www.nordmus.dk/lindholm-gb

   

【リンホルム遺跡へのアクセス】
オールボーの街中とはリムフィヨルドの対岸に位置しています.

 

f:id:osanpowanko:20170317160550j:plain

   

リムフィヨルドを渡る橋(180号線)です.時間帯にもよると思いますが,橋は渋滞していました.橋を渡り終えるまでに左車線にいるようにしましょう.斜め左に折れてVesterbrogade(55号線)に入ります.車で行く場合はリムフィヨルドを渡ってから10分程度で着きます.標識(茶色の看板)も出ていますし,駐車場もありました.
バスを利用する場合はØsteraagadeから13番のバスに乗るようです.

 

地図で見ると小さなデンマーク.確かにデンマークはヨーロッパでは小さな国ですが,日本人がまず到着するコペンハーゲンはシェラン島の右端にあるため,デンマーク国内の移動は結構時間がかかります.コペンハーゲンからオールボーまでは高速道路で約400Km.日帰りも可能ですが,オールボーまたはオーフスでの宿泊がおススメです.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain デンマーク

 

f:id:osanpowanko:20170305175623j:plain

 

ヨーロッパ大陸の北部に位置する国で,ドイツと陸続きのユラン(ユトランド)半島,フュン島,シェラン島,スウェーデン南部を挟んで西側に位置するボーンホルム島といった主要な島に加え,450程の島からなる国です.童話作家アンデルセンが生まれた町,オーデンセはフュン島にあります.また,アイスランドの東に位置するフェロー諸島やグリーンランドはデンマーク領です.

世界中で親しまれている玩具レゴ(LEGO)はデンマーク生まれのブロック玩具です.レゴグループは2030年までに石油を使わない素材への全面切り替えを表明しています.企業だけではなく,デンマークは環境対策先進国として様々な対策を行っています.例えば風力発電が大規模に導入されており,(2015年末時点で)516基もの洋上風力発電風車が設置されています.

2000年の国民投票でユーロ参加を否決しており,独自通貨デンマーク・クローネを(DKK)使っていますが,DKKをユーロにペッグさせ,対ユーロ変動幅を一定幅に維持しているため,ユーロとの為替レートが大きく変動する事はありません.

 

国名 Kingdom of Denmark(デンマーク王国)

f:id:osanpowanko:20161217205157g:plain

人口 570万人
面積 約約4.3万平方キロメートル
言語 デンマーク語
通貨 デンマーク・クローネ(DKK)
時間 UTC+1(日本時間 -8時間,夏季は -7時間)

 

 

【参考ホームページ・参照文献】

川野祐司(2016)「ヨーロッパ経済とユーロ」文眞堂.
TROJABORGS FORLAG「デンマーク-ある王国-」(ISBN 87-89868-60-9).

外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

 

Denmark.dk:http://denmark.dk/en/quick-facts/map-of-denmark/svendborg/

VisitDenmark:http://www.visitdenmark.com/denmark/tourist-frontpage

VisitAalborg:http://www.visitaalborg.com/ln-int/aalborg/tourist

Aalborg Kommune:http://www.aalborg.dk/english