読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デンマーク 「オールボー歴史博物館」の思ひで…

DK:デンマーク 博物館・美術館

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2016年8月】

 

博物館の時間です.
今日はデンマークの「Aalborg(オールボー)」でお散歩です.

 

f:id:osanpowanko:20170313191824j:plain

 

オールボーや近隣の町の歴史を紹介している歴史博物館(Aalborg Historiske Museum)をお散歩します.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain オールボー歴史博物館

 

2017年,入館料は40 DKK(大人)となっています.

《わん》《ころ》がお散歩をしたときはNordjyllands Historiske Museum Summer season ticketを利用しました.

 

f:id:osanpowanko:20170313191927j:plain

   

先にお散歩したリンホルム遺跡(Lindholm Høje Museet)の博物館で入館料を支払うときに,おばちゃんが「これがお得だから」と勧めてくれたチケットです.リンホルム遺跡では,ひとり75 DKK(通常料金)支払っています.
このチケットを持っていれば,左側に記載されている博物館に無料で入れるようです.オールボー周辺にある博物館9ヵ所で適応されます.期間は5月から9月末.オールボーに長く滞在する際はお得なチケットです.ユラン半島歴史博物館ホームページ(http://www.nordmus.dk/index.php)を見てもチケットの詳細は記されていませんでした.入館料が高めに設定されているリンホルム遺跡やヴァイキングミュージアム(Vikingecenter Fyrkat)を訪れればチケットをもらえるのかもしれません.2017年もこのようなチケットがあるといいですね.

 

【グランドフロアのエキシビション】

お散歩をした2016年夏,「Verden i Aalborg」というテーマの展示がありました.

 

f:id:osanpowanko:20170313192144j:plain

   

115以上もの様々な国から来た人々がオールボーで生活しているそうです.文化の多様性を理解する展示です.ポーランド陶器やイギリスの調理器具を展示していましたが,紹介はデンマーク語のみでした...

 

f:id:osanpowanko:20170313192157j:plain

   

《わん》「入り口付近に英語解説の冊子があったかもしれないね”」

訪れた人が出身地にピンを刺す世界地図です.

 

f:id:osanpowanko:20170313192444j:plain

   

北海道から沖縄まで…日本からもたくさんのお客さんが来ているようです.《わん》と《ころ》も印をつけてきました.

 

【ファーストフロア】
オールボーにおけるルネッサンス文化の品が展示されたコーナーです.

 

f:id:osanpowanko:20170313192457j:plain

   

南欧,とくにイタリアなどでは1400年代ごろに見られた文化ですが,ユラン半島北部で花開いたのは1536年から1660年にかけてだそうです.

オールボーの霧妻屋根の家の展示コーナーには模型もありました.

 

f:id:osanpowanko:20170313192706j:plain

   

Klingenbergs Gårdと呼ばれる建物は1924年に解体されてしまいましたが一部はオーフスの野外博物館(「デン・ガムレ・ビュ(Den Gamle By)」の思ひで…)で保存されているそうです.
この展示コーナーは750年ころから1574年ころと対象範囲がとても広いですが,展示室は広くないので見学には時間がかかりません.発掘されたような品と一緒に時代を示したパネルでの解説がありました.

この博物館の一番の見どころはAalborgstuenと呼ばれる当時の中流階級の部屋(Aalborg livingroom)です.

 

f:id:osanpowanko:20170313192719j:plain

   

1602年に建てられた建物の部屋が移築されています.もともとはØsterågadeという通りにあった建物です.ルネサンス期における中流階級のインテリアがとてもよく保存されているとの評価を得ています.右奥に写っている棚は,オールボーの戸棚職人が造ったもので「Galskytskab」と呼ばれています.棚の装飾を拡大してみました.

 

f:id:osanpowanko:20170313192735j:plain

   

家具に施された装飾も細かく,とても立派でした.見学に行った際は天井にも注目してみてくださいね”

【セカンドフロア】
「A world of recycling」というテーマの展示が行われているコーナーです.

 

f:id:osanpowanko:20170313192832j:plain

   

《ころ》「町の歴史だけじゃないんだね…」

カラフルで面白いデザインの靴ですが,これを履いて歩くのはちょっと…と《ころ》は思いました.

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

  


【今回の観光地】

Aalborg Historiske Museum

Algade 48,9000 Aalborg

営業時間:

火曜から土曜の10:00-17:00(1-3月は16時まで)

公式URL:http://www.nordmus.dk/aalborg-historiske-museum-english

 

地図で見ると小さなデンマーク.確かにデンマークはヨーロッパでは小さな国ですが,日本人がまず到着するコペンハーゲンはシェラン島の右端にあるため,デンマーク国内の移動は結構時間がかかります.コペンハーゲンからオールボーまでは高速道路で約400Km.日帰りも可能ですが,オールボーまたはオーフスでの宿泊がおススメです.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain デンマーク

 

f:id:osanpowanko:20170305175623j:plain

 

ヨーロッパ大陸の北部に位置する国で,ドイツと陸続きのユラン(ユトランド)半島,フュン島,シェラン島,スウェーデン南部を挟んで西側に位置するボーンホルム島といった主要な島に加え,450程の島からなる国です.童話作家アンデルセンが生まれた町,オーデンセはフュン島にあります.また,アイスランドの東に位置するフェロー諸島やグリーンランドはデンマーク領です.

世界中で親しまれている玩具レゴ(LEGO)はデンマーク生まれのブロック玩具です.レゴグループは2030年までに石油を使わない素材への全面切り替えを表明しています.企業だけではなく,デンマークは環境対策先進国として様々な対策を行っています.例えば風力発電が大規模に導入されており,(2015年末時点で)516基もの洋上風力発電風車が設置されています.

2000年の国民投票でユーロ参加を否決しており,独自通貨デンマーク・クローネを(DKK)使っていますが,DKKをユーロにペッグさせ,対ユーロ変動幅を一定幅に維持しているため,ユーロとの為替レートが大きく変動する事はありません.

 

国名 Kingdom of Denmark(デンマーク王国)

f:id:osanpowanko:20161217205157g:plain

人口 570万人
面積 約約4.3万平方キロメートル
言語 デンマーク語
通貨 デンマーク・クローネ(DKK)
時間 UTC+1(日本時間 -8時間,夏季は -7時間)

 

 

【参考ホームページ・参照文献】

川野祐司(2016)「ヨーロッパ経済とユーロ」文眞堂.
TROJABORGS FORLAG「デンマーク-ある王国-」(ISBN 87-89868-60-9).

外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

 

Denmark.dk:http://denmark.dk/en/quick-facts/map-of-denmark/svendborg/

VisitDenmark:http://www.visitdenmark.com/denmark/tourist-frontpage

VisitAalborg:http://www.visitaalborg.com/ln-int/aalborg/tourist

Aalborg Kommune:http://www.aalborg.dk/english