読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デンマーク 「リーベのヴァイキングミュージアム」の思ひで…

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain 【訪問日:2016年8月】


博物館の時間です.
今日はデンマークの「Ribe(リーベ)」でお散歩です.

 

f:id:osanpowanko:20170205141002j:plain

 

デンマークでもっとも古くからある町,リーベ.700年ごろヴァイキングが築いた商業の場(market place)がリーベの始まりと言われています.マーケットプレイスは,自然の交通路であるリーベ川のあたりに築かれました.ヴァイキングが活躍していた700年代初頭,リーベは北欧における商業の中心地として発展したのです.

 

今日はリーベにある2ヵ所のヴァイキング博物館をお散歩します.
Ribe Viking Museum(Museet Ribes Vikinger)とRibe Viking Centre(Ribe VikingeCenter)です.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain リーベ ヴァイキング博物館

 【Museet Ribes Vikinger】Ribe Viking Museum

住所:Odins Plads 1, 6760 Ribe
URL:http://www.ribesvikinger.dk/en/
営業時間:
7月1日から8月31日は10:00-18:00
9月1日から6月30日は10:00-16:00(季節によって月曜日が休刊だったり,水曜日が21時までだったりします.詳細はホームページで確認してください.)

 

f:id:osanpowanko:20170205141320j:plain

  

リーベの鉄道駅の目の前にある博物館です.リーベの町では小学生くらいの子供達のグループをたくさん見かけました.日本でいう修学旅行や社会科見学の場所なのかもしれません.
博物館の入場料は大人70 DKKです.ワッデンパスの利用で55 DKKになりました!(ワッデンパスについては「リーベの町」の思ひで参照)


この博物館では700年ごろに始まったヴァイキングの歴史と町の発展を紹介しています.

 

f:id:osanpowanko:20170205141416j:plain

  

発掘作業で出土した品々が展示されており,パネルでの解説もあります.英語の解説もありましたが,デンマーク語とドイツ語がメインでした.

実物大の模型もあります.

 

f:id:osanpowanko:20170205141441j:plain

 

f:id:osanpowanko:20170205141818j:plain

 

リーベのカテドラルの建設場面やヴァイキングのマーケットの場面が再現されています.


ヴァイキング博物館では1700年ごろまでの歴史が紹介されています.
リーベの町では職人たちが様々な品を生産し,それらの財は近隣の町だけではなく,もっと遠くの町と交換されていたそうです.リーベはヨーロッパの貿易網の一部をなしており,スカンジナヴィアにおいてかなり大きな貿易拠点であったとも考えられています.リーベはオランダ向けの海の物流拠点でもありましたが,北海から陸路でドイツのハンブルクやエルベ地域へのモノの移動にもかかわっていました.中世前期にはニシンや馬が輸出されていたそうです.1500年代にはデンマークの最も重要な輸出財は牡牛(oxen)に変わったのだとか.1500年から1600年代にかけてリーベの商人は膨大な富を築いたそうです.
リーベと北海諸国における貿易では支払い手段として硬貨が用いられていました.リーベでは独自の硬貨が鋳造されていたそうですよ.

 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain リーベ ヴァイキングセンター

 

【Ribe VikingeCenter】Ribe Viking Centre
住所:Lustrupvej 4, Lustrupholm DK 6760 Ribe
URL:http://ribevikingecenter.dk/en/home.aspx
営業時間:夏(6月末から8月末)は毎日11:00-17:00.それ以外は月曜から金曜の10:00-15:30.(2017年)10月末から4月末は休業となっています.

 

f:id:osanpowanko:20170205141941j:plain

  

リーベの町からは南方へ2㎞ほど離れているので,車で行くのが便利です.無料の駐車場もあります.
schooldayに限りリーベの鉄道駅(Ribe Station)からRibe VikingeCenterへバス(route 417)が出ているようです.リーベの鉄道駅から歩いて行く方法も紹介されています(リーベバイキングセンターへの地図).


ヴァイキングの生活が再現された野外博物館.1300年ほど前の時代が再現されており,まるでヴァイキング時代に生きていたかのような体験ができます.

入場料は大人100 DKKですが,ワッデンパスの利用で90になりました! 2017年シーズンの料金は通常料金で大人120 DKKとなっています.敷地内にはアーチェリー(弓の体験)やコイン作成体験がありますが,それらは別料金です.

敷地内は町や農場,市場,港というように様々な場面が再現されています.

 

f:id:osanpowanko:20170205142010j:plain

  

さらに村の中では昔の衣装を着た(時には裸足の)人達が,生活をしているかのように働いています.鍛冶屋,陶器職人,糸を染め織物を作る人などが作業していました.

 

f:id:osanpowanko:20170205142041j:plain

 

f:id:osanpowanko:20170205142123j:plain

  

おじさんは,カラフルな糸からベルトのようなひもを編み上げていました.白色の柄が何パターンもあり,複雑です.言葉が通じれば,詳しく説明してくれそうです.デンマーク語だけではなくドイツ語でも大丈夫なようです.
建物の中では,実際に料理しているおばちゃんがいました.

 

f:id:osanpowanko:20170205142243j:plain

  

パンや野菜だけではなく,火も本物です.なので,ちょっと煙かったです.なかなかリアルなヴァイキングセンター.動物たちだって生きています.

 

f:id:osanpowanko:20170205142636j:plain

  

市場では実際に,お客さん(私たち)が物を買うことができます.

 

f:id:osanpowanko:20170205142657j:plain

  

木製のスプーンやフェルトのような生地で作られたマント風な服,ガラス玉みたいな製品や金属製のアクセサリーなど当時の手法で作られた製品も販売しています.
もちろんデンマーククローネ(DKK)で支払えます(ユーロも受け取ってくれる店があります).

 

f:id:osanpowanko:20170205142903j:plain

  

かつて貿易で栄えたリーベの町にあったマーケットプレイスでは,熟練した職人たちが様々な製品を製造していたそうです.


今回は見学できませんでしたが,タカのバードショーや戦士のトレーニング風景のショーがあります.入場時にもらえるパンフレットに時間と場所が記載されていますよ”
たくさん歩いたらお腹が空いたので,レストランに行ってみました.

 

【レストランでの食事】
メニューは英語表記もありました.またユーロでの金額も表示されていました.
《わん》が選んだのはVIKINGという欄に書かれたメニュー.Viking platter(135 DKK)です.

 

f:id:osanpowanko:20170205142929j:plain

  

gooseって書いてあったけど,ガチョウの肉なのかなぁ!?
左上に移っている押し麦みたいなのはプチプチしてました! ハムみたいなのは干し肉みたいな感じで,硬かったですが噛んでいると味が出てきます.
もうひとつ.メニューを見て気になっていたFish cake.押し麦の右隣に写っています.フィッシュケーキはさつま揚げみたいな味でした.見た目も似ていますね“ でも,さつま揚げよりも…しょっぱい‼︎ 付け合わせのパンが温かくておいしかったです.

《ころ》が注文したのは,スモークしたラム肉(Smoked Lamb)のサラダ.85 DKKでした.

 

f:id:osanpowanko:20170205143452j:plain

  

カッテージチーズがたくさん入っていました.ドレッシングは少なめで,いい感じです.
サラダメニューですが肉もたっぷり乗っていました! スモーク肉はセミドライな感じで,しょっぱすぎなくて美味しいです.臭みも気になりませんでした♪


今日,お散歩した2つのヴァイキング博物館.
説明パネルやスタッフの解説は,デンマーク語はもちろんですがドイツ語がメインでした.リーベは(というよりもデンマークは)ドイツ人の観光スポットです‼︎

 

つぎはどこをお散歩しようかなぁ... 

  


 

f:id:osanpowanko:20140227173908p:plain デンマーク

 

f:id:osanpowanko:20161222173252j:plain

 

ヨーロッパ大陸の北部に位置する国で,ドイツと陸続きのユラン(ユトランド)半島,フュン島,シェラン島,スウェーデン南部を挟んで西側に位置するボーンホルム島といった主要な島に加え,450程の島からなる国です.童話作家アンデルセンが生まれた町,オーデンセはフュン島にあります.また,アイスランドの東に位置するフェロー諸島やグリーンランドはデンマーク領です.

世界中で親しまれている玩具レゴ(LEGO)はデンマーク生まれのブロック玩具です.レゴグループは2030年までに石油を使わない素材への全面切り替えを表明しています.企業だけではなく,デンマークは環境対策先進国として様々な対策を行っています.例えば風力発電が大規模に導入されており,(2015年末時点で)516基もの洋上風力発電風車が設置されています.

2000年の国民投票でユーロ参加を否決しており,独自通貨デンマーク・クローネを(DKK)使っていますが,DKKをユーロにペッグさせ,対ユーロ変動幅を一定幅に維持しているため,ユーロとの為替レートが大きく変動する事はありません.

 

国名 Kingdom of Denmark(デンマーク王国)

f:id:osanpowanko:20161217205157g:plain

人口 570万人
面積 約約4.3万平方キロメートル
言語 デンマーク語
通貨 デンマーク・クローネ(DKK)
時間 UTC+1(日本時間 -8時間,夏季は -7時間)

 

 

【参考ホームページ・参照文献】

川野祐司(2016)「ヨーロッパ経済とユーロ」文眞堂.
TROJABORGS FORLAG「デンマーク-ある王国-」(ISBN 87-89868-60-9).
Karsten Eskildsen「RIBE The city experience」(ISBN 978-87-9920391-8),KulturID.dk. 

外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

 

Denmark.dk:http://denmark.dk/en/quick-facts/map-of-denmark/svendborg/

VisitDenmark:http://www.visitdenmark.com/denmark/tourist-frontpage

Ribe Info(DANHOSTEL RIBE):http://www.danhostel-ribe.dk/en/ribe-info